PYNTORI’s diary

マトハズシのイグノーベル

RainMaker


Gathering Snowstorm


雨男裁判

 

ここは20XX年
科学の進歩により迷信の類のほとんどが
解明されてしまった日本

 

金縛りや神隠し、UFOは来ていた
幽霊はいなかった、ツチノコはいた
河童は藻で覆われた落武者だったなどなど、、
オカルトという言葉自体が
死語になりつつある時代

 

雨男についても遺伝や体質により
天候に影響を及ぼすことが解明され
国際的に制定された「レインメーカー」の
指標を基に選別も進められていた

 

レインメーカー」とは雨を降らせる
一種の超能力者のことで最高レベルになると
国の管理下に置かれ行動に制限がかかる

 

また干ばつ期には協力を強いられる場合もあるが
レベル2までは一定の規則を守ることで
通常の生活を送ることができる

 


レインメーカーの指標 

 

レベル1(立入禁止区域・行動制限なし)
1時間に1mm以下の小雨を降らせる、雨雲に対しての影響はほとんどない
外出制限はなし。但し能力の高まりを少しでも感じた場合は速やかに関連機関に申告することを義務付ける

 

レベル2(立入禁止区域あり・制限あり)
1時間に30mm程度の強い雨を降らせ、雨雲を刺激する危険がある
原則、土日祝日に人が集まる場所(屋外)へは立入禁止。但し雨が確実に降らないと判断できる場合とやむを得ない事情がある場合はリアルタイムに申告することで立入禁止は免除される
野球観戦で説明すると雲行が怪しい休日に東京ドームには行けるが横浜スタジアムには応援に行けない

 

レベル3(立入禁止区域あり・制限あり)
1時間に80mm程度の猛烈な雨を降らせ、雨雲を成長させる危険がある
レベル2の制限に屋内を加え、干ばつ期の降雨のボランティア(協力)を義務付ける

 

レベル4(立入禁止区域あり・制限あり)
1時間に150mm程度の大雨警報級の雨を降らせ、通常よりも降雨時間を延ばす危険がある
レベル3の制限と協力に加え、山間部と水害の起こりやすい地域への立入禁止

 

レベル5(立入禁止区域あり・制限あり)
1時間に200mm以上の暴風雨を起こし、大雨災害を引き起こす危険がある
レベル4の制限と協力に加え、台風などの進路に影響を与えたり状況を深刻化させる危険があるため台風上陸前より特別隔離施設で待機

 

最高レベル(立入禁止区域あり・制限あり)
晴れた日に雨雲を発生させ、また雨雲を呼び寄せる超能力者
レベル5の制限に加え、24時間当局からの監視対象となる

特例として同レベルの晴男・晴女(サニーメーカー)と行動を共にする場合は能力が相殺されるため全レベルで制限を解除することができる

 


そして、日本で初の雨男「R」の裁判が始まった

 

罪状は立入禁止区域への侵入で
水害を招いたにも拘らず立ち去ったとする
「降り逃げ」の罪だった

 

Rは28歳独身の会社員
当然レインメーカーレベル2として
自覚はしていて平日は会社と家の往復
休日は自宅で過ごし性格的にも
不要な外出はしない日が多かった

 

またレベル2までは周りにも
チラホラ居たこともあり
必要以上に気にもしていなかった
むしろ話のネタにすることで
ステータスも感じていた

 

事件当日は日本全域で雨が降っていた

 

低レベルのレインメーカーとしては
罪悪感を感じない天気だった
また、最近買った自転車を走らせるチャンス
Rは少し迷ったが雨の中隣街の
大型ショッピングモールに出掛けることにした

 

道中、山の麓付近でゲリラ豪雨に遭い
視界が悪くなったため
20分程軒先きで雨宿りはしたが
無事買い物を済ませ行きとは別のルートで帰宅した

 

翌日のニュースで
自分が雨宿りした山の麓で土砂崩れが発生し
橋が崩壊、さらに降り続けた大雨で河川が氾濫
人的にも地域にも甚大な被害を
もたらしたことを知り青ざめた

 

原因究明が急がれる中
現場付近の防犯カメラに映ったRを発見
1週間後の早朝、自宅前で逮捕された

 

連日A級ネタとしてトップニュースで扱われ
久々の休日の外出でウキウキしていた顔が
したたかな確信犯的な表情だったと
置き換えられネットを中心に誹謗中傷をされた

 

公判でRは涙ながらに無実を訴えた
レインメーカーは個人の能力としては
あまりに無意識で確率も100%ではない
被害を知ったのも翌日で降り逃げの
意識もなく故意ではない」

 

また6段階評価でレベル2と判断されたことで
上のレベルよりまだマシと
逆に気にしなくなってしまったことと
どうせ降ってるなら出かけていいだろうという
気の緩みを深く反省した

 

弁護人は
Rのレベルを自発的に2つ上げること
晴女を彼女とすること
晴男の友達を作ること
干ばつの際には必ず協力をすること
この4つをRに課すことを約束し
情状酌量と無罪を懇願した

 

判決は裁判長の叱責と
Rの主張を全否定することから始まり
裁判員からも同様の罵倒を受けたが
充分反省していること
社会的制裁を既に受けたこと
被害を受けた自治体や被害者と
示談が成立(RM保険により救済)
していることを理由にギリギリ無罪となった

 

まるで雨男に対し見せしめかのような
体を終始したこの裁判は世界でも話題となり
人権団体による抗議活動も行われた

 

レインメーカーの認知度も高まり
雨の少ない地域からのオファーが殺到し
無関係な地域で干ばつ被害が出たため
すぐさまレインメーカー
同じ場所に複数集まることが禁じられるなどの
追加処置がとられ世界中を騒がせた

 

その後Rは普段の生活を取り戻し
サニーメーカーの妻と2児の父となり
平穏な毎日を過ごしている

 

 

感想


私自身はどちらでもないタイプで
どちらかに影響を受けやすい側だと思いますが
実際にアメリカでは裁判になっていたり
ウェザーニュースの記事にも
なっていたりするので
いつか日本でもこのような裁判が
本当に行われるかもしれません、
かなり無い話だと思うけど、、