PYNTORI’s diary

マトハズシのイグノーベル

Barber

Barber shop

 

やっぱりもう床屋に変えるべきだったんだ

 

どうしても髪が切りたくなった月曜日、

通りすがりの床屋へ行ってこう確信してしまった

 

年齢的な性質からか

単純に床屋のサービスに大満足したからだ

今の自分には美容院より床屋の方が合っている

 

三十路になり髪型も固定化され

髪にファッション性を求めなくなって早10年

美容院に行っても「前と同じで」と繰り返し

予約して行くのも結構面倒いと感じ続けていた

 

そんな状態だからこそ行けた床屋

高校以来だから20年振りだったかも

 

店先には青赤白の看板が回り

理容師は自分と同じ歳位のエプロン姿の男性

店内は混み合ってなくてすぐ通され即シャンプー

「さっぱりしたい」というオーダーにこんな感じ?と

雑誌を見てパパッと共有

世間話を交わしながらカットすること15分


ここからが大満足サービスの始まりでした


①フサフサの太筆でクリーム状のあったかい泡を

モミアゲからエリアシへと弧を描きヌリヌリ

⤴︎これが気持ちいい!

床屋に行ってた中学の時の感覚を思い出す

シュッシュッとカミソリで剃り整えられ

その後、顔もヌリヌリシュッシュッ

⤴︎鼻毛もカット

この時点で既にサッパリ感で満たされます

 

②続いてマッサージ機で脳天から首・肩

背中とほぐされる

⤴︎ハンディタイプの珍しい型。

廃盤らしいがかなりの名器。家にも欲しい

 

③それから耳かき

④仕上げにサッパリトニックで頭皮マッサージ

⑤最後にドライヤー

 

時間にして40分程で4000円税抜き

 

この満足感は久し振り

もう次からは床屋に行くしかない


三十路は行っ床屋〜!