PYNTORI’s diary

マトハズシのイグノーベル

Ghost

今週のお題「ゾクッとする話」

もうすぐ夏本番ということで、やや怪談話を。家がお寺と神社に挟まれているせいなのか、度々奇妙な体験をするのでご紹介します。もちろんノンフィクションです。

この記事は以前書いたものの使い回しです。ちょうど今回のお題にフィットしました。

 

http://www.flickr.com/photos/14235377@N00/2690644574

photo by iDanSimpson

 

衝突回避

昼夜関係なく、自分の部屋のドアを開けた瞬間、前方に何かある、ぶつかる!という感覚になりのけぞってしまいます。反射で避ける感じ。結局なにもないんですが頻繁に起こる体験。単にビビリなのかもしれません…。

 

ぬおっとした影

夜中に帰宅した時のレア体験。自分の部屋のドアを開けると、天窓から入る一直線の月明かりを遮るぬおっとした黒い影を見ました。千と千尋カオナシの顔がないような感じです。手前から大小中と3体並んでいて、明かりを点けると消えました。未だに何だったのかわかりません

 

階段でドッキリ

昼頃だったと思いますが、階段を上る時に足を踏み外し、両手をつく状態で前に倒れてしまいました。よいしょと顔を上げると、目の前に誰かの顔があったという体験。驚いて立ち上がりましたが、その顔は目をガッと見開き、鼻がくっつく位の近さだったので性別もわかりませんでした。シワが見えなかったので割と若め?。階段という狭スペースを考慮すると、正体は絶対〝カオダケ〟だと思います。最後ふざけましたが本当です

 

階段を走る弟

夕暮れに1階のリビングで母親とテレビを観ていた時、2階からダダダダダダダダッと階段を駆け下り、玄関をガチャガチャガチャッと開け、鍵も閉めずに車のエンジンをかけブブブーンッと走り去るという音を聞きました。母親と目を合わせ、弟が慌てて出て行ったんだと話しそのままテレビを観続けました。数時間後、母親が夕飯の支度が出来たから弟を呼んできてと私に声を掛け、私も弟が出掛けたことをすっかり忘れ呼びに行くと、ベッドで爆睡中だったという体験。あれ?と気づき、さっき出掛けたかと起こしましたがNOとのこと。家族の足音は誰のかわかるし、車もあるし、玄関の鍵も閉めてありました。もちろん車が帰ってきた時の音も聞いてません。リアルなラップ現象に一杯食わされたカタチです。何より驚きだったのがこの時の母親の反応が、変だよね〜。の一言だけだったこと。薄い薄すぎるよ。

 

帰ってきた父親

子供の頃の話。父親の帰りを家族で待っていた時、擦りガラスの奥の廊下を白いズボンを履いた人が通り過ぎるのをみんなで目撃しました。父親だと思って追いかけたら、玄関から本物が酔っ払って帰ってきた。という体験。みんなでえぇ〜っと叫んだのを憶えています。

 

顔の見えない女

一番最近の奇妙な体験。雨上がりの街灯のある夜道で、言葉でうまく表現できないのが残念ですが「人間のような人」を見ました。長髪を前に垂らしているようだけど服との境目がなく、顔は黒いのか影で暗いのかよく見えません、身長は小柄で150cmくらい。女性のようだけど年齢もわからない。ホームレスようだけど洒落たヒッピーのような。見られてる気がしたので話し掛けようとして、やっぱり止めたのは正解だったかもしれません。ただならぬ感半端じゃなかった。怖っ。 

 

      

 

Bill

一円玉・五円玉の廃銭法案

廃銭とは既存の紙幣や硬貨を廃止することである。

 

http://www.flickr.com/photos/41604911@N08/5388374163

photo by Chris JL

 

背景

某百貨店で、ある紳士が600001円の会計をしてしまうのが事の発端。紳士は現金派だが財布に硬貨はない。あるわけがない。釣銭はそのままチップとするか募金箱や賽銭箱におさめる習慣があり、丁度その時も百貨店1階のコンビニエンスストアで買い物をし募金をしてきたばかりだった。紳士は「1円くらいいいでしょう」と薄笑いで会計を進めようとしたが、店員が断ると持っていたステッキを床に強く叩きつけ激昂。601000円を支払い立ち去った。この事態を重く見た現金派の紳士グループが決起。自販機にすら入らない硬貨の廃銭を提案。ちょうど税収アップを画策していた政府与党の後楯も得て法案成立を目指した。

 

要綱

・一円玉と五円玉を全て回収する
・消費税を10パーセントまで引き上げる
・消費者取引での一の位の請求を禁止する

・企業間取引では一の位以降も数値上は残るが現金化はできない

 

理由
・キャッシュレス化の促進
・店頭の会計時間の短縮
・計算処理の効率化
・財布の軽量化
・硬貨製造コスト削減

 

行動
・銀行が回収作業を行う
・一の位の価格表示は消費税込みで0とする
・消費増税による家計負担軽減と回収期間短縮のため両替キャンペーンを実施する

 

結果
賽銭箱にご縁が入れられないとお寺・神社関係者の反感を買う。廃銭法案にまるでオマケのように消費増税を付け加えたことが世論に不快感を与えた。金融界や経済界からの支援も弱くある大臣の「そもそも2パーセント上がるだけなんだからそこまで騒ぐ必要がない、消費増税なんかより廃銭によるメリットにもっと目を向けるべき」という発言がダメ押しとなり、世論が優勢となった。最終的に紳士グループの現金派がカード派に吸収されるかたちで鎮火。法案成立を断念し廃案となった。

 

感想
自分なりの妄想シミュレーションはしてみたものの現実味がなく実現は厳しそうですね。消費税が10パーセントになれば自然に消えていく硬貨なのものかもしれません。ただ一円玉と五円玉がなくなると消費税も十の位で上がっていく危惧がある反面、税率アップの抑止にもなるという期待もなきにしもあらず。現状は勝手にキャッシュレスしていくしか方法は無さそうです…

 

      

 

Time Slip

http://www.flickr.com/photos/49462908@N00/4356185807

photo by Stéfan

 

タイムスリップをしてしまった場合、どうしたら嘘だと思われずに伝えることができるか?

そもそもタイムスリップなんて絶対有り得ません。とはいえ実際にしてしまった場合かなり困ります。きっと慌ててしまい状況を把握することすら苦労するでしょう。昼夜目的もなく彷徨い続け気がついたら現実に戻ってて…あれ?夢?なんてオチも充分有り得ます。それで終わらせてしまってはあまりに勿体ない経験。家族・友人に説明しようにも証拠がなければ記憶にも残せず、ホラ吹き扱いされ終わりとなります。そうならないために、予め行動指針的なものが認知さえされていれば訴えもスムーズに共有できると考えます。ケースを挙げればキリがないですが、いま思いつく限りガイドブックとして書き記すことにします。

 

タイムスリップガイドブック〈草案〉

 

:落ち着く
まず大きく深呼吸をしましょう。自己流のリラックス方法で構いません

 

:所持品の確認    
鞄・ポケットを確認し、所持品を把握。スマホ(デジカメ・ハンディカム)等を持っている人はラッキーです

 

:現在地・時代の確認と記録
周囲を観察してください。見覚えのあるものはないですか。時間と場所を正確に把握することは重要です。大雑把でも把握することに努めましょう

  • 恐竜時代の場合は簡単です。安全を確保しつつ電源が無くなるまで、写真を撮りまくりましょう。生きた恐竜に遭遇した時点で価値ありです、鳴き声なども録音すると尚いいです。充電はもう出来ません、記録をすることにのみ意識を集中させましょう。
  • 戦国時代の場合は大変です。3まで済ませた後は武将たちを写真に収めることを優先して行動しなければなりません。しかし私たちは顔の判別を肖像画でしか行えません。そのまんまの印象だったという場合は問題ないですが、全然違うという場合はさらに大変です。充電の保ち時間が気になるところではありますが、巧く外堀を固め、素早くターゲットに近づき、撮影を成功させ、自筆・指紋などの証拠品をゲットしましょう。髪の毛もOK(毛根付き)。
  • 昨日の場合は個人差はありますが、長いデジャヴだと思いそのまま過ごしましょう。
  • 暗くて何も分からない場合は明るくなるまでじっと待ちましょう。動くと危険です。
  • 無人島の場合はまず飲み水の確保に努めましょう。

 

:現実に戻る
写真や持ち帰った品が無事か確認する。無事な場合は5へ失敗した場合は諦め、次のチャンスに備えましょう

 

:メディアに電話する
必ず「ガイドブックに従い行動をした」と告げ、担当者に説明する。知り合いの学者に鑑定依頼をしてもOK

 

但書/1:過去へのタイムスリップ限定。2:現実に戻れること&戻ろうとする意志。3:既存の歴史へ影響を与えるような行動はしない

 

最後に

タイムスリップしたのは天命だと思われます、だとしたらあまりに思い入れのない時代・場所ではないはずです。来るべくして来たのだと覚悟し与えられた使命を全う出来るように精一杯頑張りましょう。逆に過去や未来から来た人に遭遇した場合も温かく迎えることも大切です。

多分そのような経験をすることはないと思いますが…日本には神隠しという言葉もありますので念のため。

 

      

 

 

Product

再掲:金属アレルギー対応ベルト

f:id:PYNTORI:20141004135340j:plain

Metal 0% Leather Belt

 

PYNTORIより発売された、木製バックル革ベルトについてご紹介します。

金属アレルギーは一度発症してしまうと、病院に行っては発症の繰り返しでなかなか完治とまではいかない厄介なもの。経験上とにかく原因と思われる物を身から遠ざけることが一番です。

しかし、日常生活を送る上で直接肌に触れるピアスやリング、ネックレス、バックル等々。これらの貴金属を一度に遠ざけるのはかなり難しいことだと思います。

私の場合は、元々軽度の金属アレルギー持ちでベルトのバックルが原因でお腹・へそ周りがひどく炎症していました。ピアスや指輪などは外せば済みますが、ベルトだけは結局遠ざけることが出来ずずっと我慢して過ごしていました。医師に処方してもらったステロイドで抑えながら生活していましたが、かゆいものはかゆいんです。堪えられません。そんなことを数年以上続けていました…。

そこで一念発起金属を一切使用しない木製バックルを試作し、改良を重ね自分で着用したところ症状が治まり始めました。今では炎症の痕もきれいになくなり、再発症もありません。今年も昨年も一度もかゆくなりませんでした。

構造は単純に金属のバックル部分が木製になっている。そんなシンプルな作り方をしています。ベルトを取り付けるバッチも外し、縫い付けとなっているためバックルとベルトの取り外しはできませんが…。同じ症状でお困りの方には是非お勧めしたいベルトです。

木製ならではの軽量感で着け心地もいいファッション性のあるベルトです。普段使いとして安心してお使い頂けます。どうぞご活用ください。

 

▼お買い求めはMinne

 

Future

携帯電話の未来予測

Future Phone

 

f:id:PYNTORI:20150701234901j:plain

 

50年後の携帯電話は絶対に手離せないものとなる。

 

フォルムは球体で所有者のまわりを無音で浮遊し追跡する衛星タイプ。形やデザイン、カラーは自由に選べる。今の携帯電話のように手を使い操作をしたりメッセージを見たりすることがなくなり、音声交換のみで操作ができるようになる。

基本機能に加え3Dプロジェクター機能、ETC、カードキー、IC、防犯防衛防虫、完全翻訳、レインコート機能など日常生活に必要なものがほぼ搭載され携帯電話の域を超え、ロボペット感覚も浸透し所有者の相棒のような存在となる。

 

最大の利点は自動でずっと付いてくるので、電話自体を忘れることも紛失することもなくなる。もちろん防水耐熱製。メイドインジャパン

 

 

      

 

Jimdo

無料でホームページを作成できるジンドゥーでブランドページを開設しました!

レイアウトパターンやスタイルも豊富で思い通りのページを作成できました。スマホページも連動して出来ています。イメージ写真はフリッカー頼みです…。シンプルなデザインで見易く、広告も目立たないところにあり気になりません。有料版は非表示らしいです。

今後、無料でもデザイン機能がさらに充実することだと期待もしています!

http://www.pyntori.jimdo.com

さらに開設時に誤植パトロールなる取り組みを思いつきスタートさせます。WEB上にあるタイプミスを見つけたら報告する施策です。

 

f:id:PYNTORI:20150531225707p:plain

f:id:PYNTORI:20150531225717p:plain

 

 

      

Product

金属0%の木製バックル革ベルト〈ブラウン〉

f:id:PYNTORI:20141221153525j:plain

Metal 0% Leather Belt

 

4月に発売した木製バックル革ベルトの第2弾。秋頃の発売を予定していましたが遅れてしまいました…。お待ち頂いた皆様本当に申し訳ございません…

本日よりブラウンカラーの発売開始となります。レディース版限定10本同時発売。キャラメルカラーもSサイズのみ入荷しています

このベルトは近年増加傾向にあるアレルギー疾患者、特に金属アレルギー疾患者向けに製作された一切金属を使用していない革製のベルトです。バックルは高硬度の黒檀を使用し、木製ならではの軽量感で着け心地も◎。普段使いのベルトとしても最適です

金属0%の木製バックル革ベルトのお求めはMinneへ

 

minne.com

 

Product

金属0% 木製バックル革ベルト

このベルトは近年増加傾向にあるアレルギー疾患者、特に金属アレルギー疾患者向けに製作された一切金属を使用していない革製ベルトです。バックルは木製ならではの軽量感で着け心地も◎。普段使いのベルトとしてお使い頂けます。只今、年内発売を目標に追加生産中。

お求めはMinneへ。

Metal 0% Leather Belt. ©2014 PYNTORI Product.

 

f:id:PYNTORI:20141004135340j:plainf:id:PYNTORI:20141004135407j:plain